物流を理解して誰かの助けになる存在

物流コンサルタントになる方法

人それぞれどのような仕事に関心を持つかは違います。物流に興味があり将来的にコンサルタントになりたい、と思う人もいるでしょう。ここでは物流コンサルタントになるにはどうしたらいいのか見ていく事にしましょう。
物流コンサルタントになりたい人はどうしたらなる事ができるのでしょうか。方法としてまずは荷主企業の物流部門や物流企業の職について、そこで現場を経験する事です。その際にしっかりと自分の肥やしにします。そしてその後にそこで得た知識や経験を活用して独立します。このやり方なら実際の体験を元にコンサルティングをする事ができる利点があります。もしくは独立という方法でなくて、物流コンサルティング業務をしている会社に就職するやり方もあるでしょう。あるいは企業にコンサルティング部門があるのなら、その部署に異動するという方法もあります。
物流のコンサルティングをしている会社はたくさんあります。IT系でシステムに特化した会社や、物流企業が事業の一環として行う会社、物流を専門にしているコンサルティング会社などいろいろです。それぞれの強みや特徴を理解して、自分の目指す方向にマッチするように将来設計を立てましょう。

物流コンサルタントの仕事は奥が深い

企業にとって物流は、企業が生産した商品を指定の場所に移動や保管をしたり、生産に必要な資材を調達する為に必ず付いて回る「物の流れ」です。通常、企業の生産活動等には様々なコストが発生しておりますが、物流のコストもその一つで、企業によってはこの物流コストの改善が急がれているケースが多く有ります。そんな物流コストの低減の為に様々な提案や、改善のサポートをしてくれるのが物流コンサルタントです。
しかし現在の物流コンサルタントの業務の範囲は単なる物流改善によるコスト低減だけに留まらず、企業の様々なムダ取り改善や、システム改善にもメスを入れられる様に教育されております。例えば物流を使って運ぶ物も機械製品と食料品では大きく異なって来ますし、倉庫での物の保管方法も全く異なります。その為、専門的な知識は勿論の事、過去の業務で得た経験を生かす事もとても重要になってきます。
これらの事から、物流コンサルタントはお客となる依頼した企業側に深く入り込み、企業側の経営方針や経営戦略、時には現場で実務に当たっている従業員へのヒアリング等を行い、その企業が抱えている問題点の分析を行い、企業の有るべき姿への改善の方向性を企業側に提案して行きます。現代の複雑化している物流の改善には、この様な専門的な知識を持った物流コンサルタントが益々必要とされて来るでしょう。

おすすめの記事

  • 物流コンサルタントは何をする仕事?

    問題点を解決する物流コンサルタントの仕事 事業をしていく上でコ…

    » 続きはコチラ

  • コスト削減を実現出来る可能性を秘めている

    物流コンサルタントの内容とは 物流に関わるコストを削減したいと…

    » 続きはコチラ

  • 物流を理解して誰かの助けになる存在

    物流コンサルタントになる方法 人それぞれどのような仕事に関心を…

    » 続きはコチラ

  • 新たな視点を教えてくれる物流コンサルタント

    細分化されている物流のコンサルタント 物流のコンサルタントは物…

    » 続きはコチラ

Copyright(C)2017 事業において第三者の意見を知ることが出来る物流コンサルタント All Rights Reserved.